”人気ランキング上位の

エンゲージリングを

お探しのあなた”に

 

日本で唯一

あなたの期待を上回る

ダイヤモンドをお届けする

 

ダイヤモンドの専門家

株式会社シンセリティの山本正彦です!

 

今日は金属の比重に関して

お伝えしていきますね。

天秤

ジュエリーに用いる金属は

プラチナとゴールド、シルバーが代表的ですが、

どれもみんな比重が違うということを

あなたは気にしたことがありますか?

 

比重が違うということは

同じものをそれぞれの金属で作った場合

出来上がった製品の重さが違うということですね

 

例えば、皆さんよく身に付けてる

結婚指輪で考えてみますね。

 

一般的な結婚指輪ってだいたい

プラチナ900製で

4g前後のものが多いですね。

 

ここでは便宜上、4gちょうどとして

考えてみますが、プラチナ900で4gの場合

18金で作ると、約3.1g

シルバー925の場合、約2.07g

ぐらいになってしまうんですね。

 

ですので、例えばプラチナと

金の地金相場が一緒だとしても、

出来上がりはプラチナのほうが重たいので

プラチナのほうが高くなってしまうわけですね。

わかりますか?

 

さらに、ゴールド同士でも、

24金と18金では約1.25倍ぐらいの

比重の違いがありますので、

同じものを作った場合

18金が5gの場合

24金は6.25g

ぐらいになるんですね。

 

さらに、24金は全て金ですが、

18金は75%しか金を使ってないので、

5gの75%というと3.75gしか

金を使っていないということになるんですね。

 

ですから、同じ大きさ、形でも

18金と24金では約1.6倍の価値の違い

出てしまうということなんですね。

分かりましたでしょうか?

 

普段あまり意識しない比重ですが、

ちょっと知識として持っておくと

値段の差にも

驚かなくなるかもしれませんね(笑)

 

失敗しない婚約指輪(エンゲージリング)が必要な方はこちら