”人気ランキング上位のエンゲージリングをお探しのあなた”に

日本で唯一
あなたの期待を上回る

ダイヤモンドをお届けする

ダイヤモンドの専門家
株式会社シンセリティの山本正彦です!

 
今日はカラーダイヤモンドについて

お話ししていきますね

150817 カラーダイア
ダイヤモンドといえば、

やはりあなたは

無色透明を想像しますよね

 
しかし、産出されるダイヤモンドは

ほとんどが黄色みや茶色みを帯びて

産出されるのをご存知ですか?

 
更に、レアなケースで

その他のカラーダイヤモンドが

産出されることがあるんですね

 
有名なところでは

ピンクダイヤモンドですね。

その他に、レッド、オレンジ、グリーン

ブルー、バイオレット、パープル、

グレー、ブラックなどの

カラーダイヤモンドが

産出されていますね。

 
その他にも、さらに希少な

カメレオンダイヤ

(温度や光の変化によって色を変えます)や、

バイカラーダイヤ

(一つのダイヤの中にはっきりと

2色の色を持つダイヤモンドです)

なども産出されてます

 
これら、地球上から産出されたものには

ファンシーという称号があたえられ

天然のカラーであることを

鑑定書で証明できます。
一方、これらの色を

人工的に着色する技術も

存在します。
放射線を照射して色を変えてみたり、

分子構造を変えてしまったり、

高温高圧処理を施して

色を変えてみたりなどあります。
更には、薄いコーティングを

施して色を変えるといった

技術もあるんですね。

 
見た目は人工的に色を

付けたもののほうが

人工的な鮮やかな印象を受けます。

 
個人的には、どちらのダイヤが

いいのか悪いのかはなく、

ダイヤモンドの一つの楽しみ方と

とらえてみればいいのでは

ないかなと思います。

 
ただし、品質にもよりますが

価格は天然のほうがやはり高いですね

 
カラーダイヤに興味のある方は、

ご連絡くださいね(^^♪

 
私は世界最大のダイヤモンド研磨地から

ダイヤモンドを買い付けているため、

かなりレアなダイヤモンドに

アクセスできます。

 
中にはカラーダイヤでは珍しい

(その分めっちゃ高い)インテンス、

ビビットと言われるような

カラーグレードの

カラーダイヤモンドも

手配できますからね

 
1点もののダイヤモンドから

あなただけの

世界に一つだけの

オリジナルジュエリーを

制作することもできますよ

 
失敗しない婚約指輪(エンゲージリング)が必要な方はこちら