”人気ランキング上位のエンゲージリングをお探しのあなた”に

日本で唯一
あなたの期待を上回る

ダイヤモンドをお届けする

 
ダイヤモンドの専門家
株式会社シンセリティの山本正彦です!

 
今日は指輪の簡単な

お手入れ方法をお伝えしますね。

 
以前もちょこっとお話ししたのですが、

今日はもう少し詳しく・・・

 
あなたの着けてるダイヤの指輪って

ダイヤモンドの輝きが

購入した時と違って

くすんでないですか?

yjimage-34
ダイヤモンドは非常に油分と

相性がいいので、すぐに表面に

皮脂や、お化粧品の油分などが

付いてしまい輝き感を損ねます。

 
更に、ダイヤモンドを留めている枠にも

ほこりが吸着してしまい

さらに輝き感を損ねます。

 
今日はそんな残念な状況から

わずかな時間できれいに輝きが

よみがえる方法です

 
まずは、キッチンにある中性洗剤を

コップか何かの容器で

ぬるま湯に溶かしてくださいね

 
そのぬるま湯の中に

汚れた指輪などを入れて、

しゃぶしゃぶしちゃってくださいね

 
それから、取り出して、

いらない柔らかめの歯ブラシで

中性洗剤を着けて

ごしごし磨いてくださいね。

 
その時は裏側の埃がたまったところも

きれいにごしごしして

あげてくださいね

 
だいだい綺麗になったところで、

お水でゆすいでもらうのですが、

ここで注意してくださいね。

 
水道の水を出しっぱなしで

ゆすいでしまうと、

万一ダイヤを留めてる爪が緩んでる場合

ダイヤモンドが流れて行って

しまいますからね

 
必ず、何かの容器のなかで

ゆすいでくださいね。

そして、お水を捨てるときに

ダイヤが落ちてないかも

確認してくださいね。

 
そのあとは、キッチンペーパーなどで

拭いていただいて、ドライヤーで

乾かせば出来上がりです。

 
ダイヤモンドの本来の輝きが

戻って気持ちがいいですよ。

 
ダイヤモンド以外の宝石の場合は

あまり洗浄はお勧めできないので、

やられる方は気を付けてくださいね

 
特に有機質の宝石(真珠、琥珀、珊瑚など)は

やめてくださいね。

逆に輝きを損ねる場合がありますからね。

 
それと、カラーストーンなども

含浸処理といって、

透明材を宝石に充填している場合が

あるのでお勧めできませんよ

 
失敗しない婚約指輪(エンゲージリング)が必要な方はこちら