”人気ランキング上位のエンゲージリングをお探しのあなた”に

日本で唯一
あなたの期待を上回る

ダイヤモンドをお届けする
ダイヤモンドの専門家
株式会社シンセリティの山本正彦です!

 
今日はジュエリー業界で

使われる業界用語について

yjimage-18
あなたの働いてる業界でも

業界用語とか、専門用語とかって

結構ありますよね?

 
私たちのジュエリー業界でも

一般の人が聞いたら

「ん!?」っていう言葉が

たくさんあります。

 
今日はダイヤモンドの

石目(重さ)の呼び方について・・・

 
ここに0.1カラットの

ダイヤがあります。

 
これをなんて我々は呼ぶと思いますか?

 
けっして

「レイテンイチカラット」

とは呼ばないんですね。

 
ではなんていうかと云うと
「イチブ」

と言います。

 
野球の打率をいう時も

「何割、何分、何厘」

って言いますよね。

あれと似たようなものです。

 
なので、0.2カラットは「ニブ」、

0.3カラットは「サンブ」

って呼びます。

 
今度は0.25カラットは

なんて呼ぶかというと

「ニブ ゴリン」

って言います。

 
0.45カラットは

「ヨンブ ゴリン」

こんな感じです。

 
こんな風に「〇ブ」と呼ぶのは、

0.9カラットまでの

ダイヤモンドに対して呼びます。

 
それでは1.0カラットは

どういうかというと、

「キャラ」

と言います。

 
なので、1.5カラットは

「キャラ ゴブ」

って言います。

 
なんとなく、分かってきましたか?

 
もし、あなたが0.3カラットの

ダイヤを探していたら、

お店の人にこう言ってみてください。

 
「サンブぐらいのダイヤモンドを

探してるんですけど・・・」

 

って、

きっとお店の人は

「おや?この人ちょっと詳しいのかな?

もしかして業界の人?」
なんて思われるかもしれませんよ(^^♪
こんどぜひ使ってみてくださいね(^^♪
失敗しない婚約指輪(エンゲージリング)が必要な方はこちら