”人気ランキング上位の

 

エンゲージリングを

 

お探しのあなた”に

 
日本で唯一

 
あなたの期待を上回る

 

ダイヤモンドをお届けする

 

 
ダイヤモンドの専門家

 
株式会社シンセリティの山本正彦です!

 

 
先日、こんなお話しを聞きました

 
婚約指輪(エンゲージリング)を貰った

 

女性のお話しだったんですが、

 

いただいた婚約指輪(エンゲージリング)の

 

クラリティがSI1だったということなんですね。

 

 
SI1っていうクラリティは

 

専門家が10倍のルーペを使ってみると

 

内包物を確認できる品質という

 

定義になるのですが、

 

着けるたびにその内包物が

 

気になって仕方がなく、

 

もらった彼に申し訳ない気持ちになる

 

っていうんですね。

 

 
要は傷があるダイヤモンドを

 

身に付けるのが

 

恥ずかしいってことですね

 

 
先程も言いましたけど

 

SI1って専門家がルーペを使って

 

初めて内包物を確認できる品

 

質なんですよね。

 

 
その上のVSやVVSだって

 

専門家が見れば困難ではありながらも

 

内包物は発見できるんですよね。

 

 
私からしたら、

 

「肉眼で見えないんだからいいじゃないですか?」

 

って思うのですが、

 

女性からしたらそうではないらしいんですよね。

 

 
なぜ、嫌なのかって聞いたら

 

「何かの雑誌で婚約指輪(エンゲージリング)は

 

VSクラス以上って書いてありました」

 

って言うんですよ。

 

 
なるほどねって感じですね。

 

 
あまり情報に振り回されるのは

 

良くないですよね

 

 
あくまでも自分の価値観で

 

購入してくださいね

 

そばかすがあってもキャンディは

 

かわいいですもんね

yjimage-54
失敗しない婚約指輪(エンゲージリング)が必要な方はこちら